menu

店舗型ビジネスの各種業務
を代行・自動化!

ソリューション概要

RPA(Robotic Process Automation)とは、業務の効率化・自動化です。店舗型ビジネスにおいて、予約情報の入力やグルメ媒体の運用、在庫調整などの業務が多岐に渡り、多くの工数を割かれます。それらの業務を代行・自動化をすることで、顧客が本業に専念できる環境の構築をサポートします。

各種業務を自動化 RPA
3つのポイント

01

本業に専念できる環境の重要性

近年、店舗型ビジネスの運営に求められる業務は多岐に渡り、多くの時間を取られてしまうのが実情です。媒体調整や更新業務、採用活動などを止めてしまうと経営に支障を来たすため、本業(接客・調理・仕入れなど)に時間をかけたくてもかけられていない方が増えています。しかし、本業こそがアウトソーシングしにくい領域であり、本来は時間をかけるべき業務であるべきなのです。

02

専門性が求められる業務
のアウトソーシング化

集客に関する業務は専門性が求められます。業界知識はもちろんのこと、広告(リスティング、ディスプレイ、リターゲティングなど)や広告媒体、マーケティング、編集など求められるもののハードルは決して低くありません。担当者が一から覚えて対応するには時間とコストがかかり、売上低下のリスクもあるため、専門家へのアウトソーシングすることが望ましいのではないでしょうか。

03

業務の自動化による工数削減

店舗型ビジネスの運営に必要な業務の中には、自動化できるものが多くあります。例えば、媒体から入った予約の取り込みや在庫調整、更新業務など、内容が決まったものを登録・更新する作業がそれに該当します。イデア・レコードでは様々な業務のRPA化を進めて、工数の削減に取り組んでいます。

関連サービス

飲食店・外食特化型コールセンターサービス
よやくるー

飲食店・外食特化型コールセンターサービス よやくるーは、「飲食店特化型のコールセンター」です。店舗の営業時間外やピークタイム中も確実な電話対応ができるため、機会損失が減少し、飛躍的に予約獲得率が増加します。電話対応だけでなく、FAX、メール、ネットから寄せられる予約・問い合わせにも一括対応。各チャネルから得られたデータの分析・フィードバックを繰り返すことで、売上向上にまで貢献していくサービスです。

詳細はこちら