menu

TOPICS

カテゴリ一

2020.10.02 お知らせ

【プレスリリース】GATEバージョンアップ!「バーチャルレストラン」や「パークデリバリー」機能を搭載!

コロナ禍で失われた外食の利益回復に向けた売れる仕組みを続々リリース!

こんにちは。イデア・レコード広報担当です。
GATEバージョンアップのご案内です。

10月1日よりGo To Eatキャンペーンがスタートしました。
そんななか、イデア・レコードは業務改善ソリューションGATEのバージョンアップを実施しました。

イデア・レコードは外食DX企業として様々な飲食店支援に関わるなか、コロナ禍でご相談いただく機会が増えたのが「テイクアウト/デリバリー」に関するご相談と「バーチャルレストラン(ゴーストレストラン」」の管理です。

今回、この二つを軸としたバージョンアップを行いました。

新たな機能をご紹介します!!

◆バーチャルレストランの課題解消する「注文一括管理」機能
コロナを機に1つの飲食店(または営業許可を受けたキッチン)で、タイプの異なる複数のブランドを展開する「バーチャルレストラン(ゴーストレストラン)」が注目されています。(以下、バーチャルレストラン)
現在、バーチャルレストラン運営店が課題としてあげられている点は主に二つです。

一つめは、注文管理の煩雑さです。バーチャルレストランが増えれば増えるほど様々なデリバリー・テイクアウトの注文媒体の管理が必要になります。
一つの店舗でバーチャルレストランのごとに注文媒体を管理する必要があり、業態を増やすたびに注文管理の負荷が増加していきます。

二つめは、自社サイトとの連動です。現状、多くの飲食店では注文媒体からの注文に頼るケースが多く、自社サイトでテイクアウト/デリバリーの注文を受ける仕組みを持っているレストランはまだまだ少ない状況です。

これら二つの大きな課題を一気に解決するのが今回の「バーチャルレストラン注文一括管理」機能です。
本機能では、一つの管理画面で複数ブランドの商品管理、注文の集約管理が可能です。これにより、すべての注文が一望で管理でき、それぞれのブランドのタブレットを操作し注文情報を確認する手間を大幅に省きます。

さらに、自社サイト用の注文受付カートが連動して生成されるため、いつでも自社のWEBサイトに設置ができ、導入後すぐに自社でデリバリーやテイクアウトの受付が可能になります。
もちろんCRM機能と連動するため、顧客情報を自社で管理・運用でき、新規顧客開拓だけでなく、リピーター獲得を実現します。

 

◆パークデリバリー&ルームデリバリー
テイクアウト受け取り時の「密」を避ける機能です。
ロードサイドの飲食店や駐車場が併設されている飲食店が高額なシステムコストを投資することなく、いつでも施設内の駐車場やテーブル・お部屋(特定の場所)に商品をお届けするサービスを開始することが可能です。
※本システムは定額制での提供です。

コロナを機にオフィスエリアの出店から郊外エリアへの出店が増えつつある状況のなか、テイクアウトを注文したが混雑していて店内への入店をためらう、というお客様の不安解消に繋がります。(店舗での受け取り指定も可能です)

 

◆「GATEモバイルオーダー」その他の新機能
・翌日以降のテイクアウト予約設定
・キッチンプリンター出力管理設定(最大5台まで増設可能)
・消費税個別設定/税込み・8%・10%設定(アイテムごとに設定可能)
・最低注文金額の設定
など

これらの機能は、業務支援ソリューションGATEの来店予約管理「お席トットくん」と併用してご利用いただけます。
(店内利用の来店予約とデリバリー・テイクアウトの注文をまとめて管理可能)

プレスリリースの詳細はこちらをご覧ください。

おすすめサービス